外壁塗装の価格は業者によって違う|比較することが大切

屋根に塗膜を作る施工

男の人

3段階に分けて塗る

屋根は外壁よりも早く劣化すると言われています。外壁の場合、立地条件などによって日光や雨風は遮られますが、屋根の場合は直接ダメージが加わるためです。紫外線や雨風、そして雪などの影響によって屋根は年々ボロボロになっていきます。屋根の劣化が進むと雨もりなどの、トラブルに繋がるので注意が必要です。このような家の劣化を防ぐには、屋根塗装を行う必要があります。宮城県内でも屋根塗装を行う業者があるので、1度チェックしてみましょう。宮城県内で屋根塗装の施工を行うという場合、基本的な作業の内容を事前に知っておく事がおすすめです。どのような作業を行うのか、何も分からない状態だと、いくら宮城県内で信頼されていると言われている業者であっても、なかなか契約にまで至らないでしょう。不安を払拭するには、知識を付ける事が重要と言えます。宮城県内のほとんどの業者は、屋根塗装を3回に分けて行っています。屋根の塗料を塗るだけなので1回で良いのではと、感じる方もいるでしょう。1回だけの塗装だと塗料の密着性が悪く、すぐに塗膜が剥がれてしまう恐れがあります。ですので、多くの業者が3回に分けて作業を行っているのです。まず、シーラーと言われる下地材を塗ります。シーラーはその後に塗る塗料の密着性を高める目的の他、傷んだ屋根を補修する目的で使用するものです。シーラーを塗った後は、中塗り・上塗りと2回に分けて塗料を塗っていきます。中塗りで塗料の効果をもたらし、上塗りでより塗料の効果を高め光沢感をアップさせます。業者によっては、さらに塗料を重ね塗りする所もあるようです。