外壁塗装の価格は業者によって違う|比較することが大切

屋根に塗膜を作る施工

男の人

宮城県内の屋根塗装を行う業者は、通常3回に分けて塗料を塗る作業を行います。まず、最初にシーラーという下地材を塗り、より塗料が密着する作業をします。その後、中塗り・上塗りと2回に分けて、塗料を塗るのが基本です。

施工実績豊富な業者

メンズ

太陽光発電システムの販売・施工実績が豊富な日本エコシステムは施工技術と見積もり力で評判になっています。施工者全員に徹底した教育がなされていて、家庭状況に合わせた確かな見積もりをしてくれます。見積もり額がすぐにわかる簡易シミュレーションも用意してあります。

大切な業者選びのポイント

刷毛

東京には数多くの塗装業者が存在している為、外壁塗装を依頼する業者選びが難航してしまいがちです。業者を選ぶ際は、その業者がどのような資格や許可を持っているか確認しましょう。塗装事業許可は10年以上、塗装業を行ってきた優良業者に与えられるものです。この許可がある業者は、比較的安心と言えます。

作業の流れとかかる費用

塗装業者

60〜80万円が相場

外壁塗装では、塗装前の準備として、足場の組み立てや洗浄や養生といった作業が必要となります。そしてこれらの作業は、かかる時間も道具もそれぞれ異なっているため、価格が別個に設定されています。具体的には、足場の組み立て作業は、1平米あたりの平均価格が約700円となっています。そして洗浄には1平米あたり約200円、養生には約500円の費用がかかるのです。これらの作業が終わると、外壁のヒビなどを塞ぐ下地処理が行われるのですが、この価格は外壁の劣化の度合いによって異なっています。ヒビが多い場合には、外壁全体で20万円ほどかかりますし、ほとんど劣化していない場合には、5万円程度で済むのです。こういった準備の完了後、外壁塗装が開始されます。価格は使う塗料によって異なっていて、特によく使われているシリコン塗料の場合、平米単価の相場は約2000円です。ウレタン塗料にも人気があり、これはシリコン塗料と比較すると耐用年数がやや少ないものの、その分平米単価が安く、約1500円となっています。また、平米単価は約4000円と高めですが、耐用年数が20年ほどと長い上に住宅の断熱性を高めることのできる断熱塗料も、注目されています。いずれの塗料も、外壁塗装では2回塗ることになるので、1平米あたりの価格は単純計算で2倍となります。したがって、外壁面積が約120平米という戸建て住宅での外壁塗装の場合、トータルで60〜80万円の費用がかかることになります。外壁面積によっては100万円ほどかかることもあるので、見積もりを確認した上で支払い準備を進める必要があります。